読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤のこなみかん

アニメのこなみかんを書いていきます。ほんとにこなみかんです。

個人的に2016年上半期に見たアニメまとめ

最近は放送中以外のアニメも結構見てるのですが
ポンポン見すぎて自分でも何を見たのかよく分からなくなってきました。
そこで、忘れても大丈夫なように軽く感想を書いて記事にしてみることにします。

致命的なネタバレは多分ないです。

 

 

■楽しかったシリーズ


かみちゅ

かみちゅ! Blu-ray BOX

かみちゅ! Blu-ray BOX

 

ある日、突然街の神様に任命された中学生ゆりえちゃんと周囲の人たち&神様たちとの、ほのぼのハートフル非日常コメディ。
神様になっちゃう女の子という設定は割とありがちだとは思うのですが、

とにかくあらゆる点で完成度が高い。
ほっこりするお話、作画、女の子の魅せ方、

背景の綺麗さ、演出、中学生の恋模様の描写などなど、

俺の中の理想のアニメ完成像を体現してもらったみたいでドンピシャリすぎてビックリしました。

ほのぼの系のアニメが好きな人は絶対見た方がいいと思います!

 

ギャグ回で総理大臣と知り合いになるですが、

その総理大臣がその後の話でもちょいちょい登場するのがとっても好き。


舞HIME

舞-HiME COMPLETE [Blu-ray]

舞-HiME COMPLETE [Blu-ray]

 

学園の女の子達が命を賭けて闘うバトルロイヤルアニメ。
普通バトルロイヤルで賭けるのは自分の命が定番ですが、
この作品では負けると自分の一番大切な人の命が失われるのでどの女の子もまさに必死の覚悟。
序盤は萌え中心の学園ラブコメディに徹しているのですが
バトルロイヤル開始の合図とともに女の子たちが一気にドロドロの殺し合いの沼にハマっていく様子は

まさに地獄絵図としか言えません。

終盤は全員が全員を憎しみあってて、もはや手の付けようのない血みどろの惨状で

ぶっちゃけクソアニメのノリになってきて、話をまとめるのは不可能なのかと見てる側を

色んな意味で絶望のどん底に突き落とします。

しかし、ラスト付近でまさかまさかで奇跡的に色々な要素が噛み合っていき、

まるでオセロで黒一色だった盤面が全面白に塗り替わっていくかのごとく

綺麗な畳み方で感動のラストを迎える様は

この世に奇跡は存在すること

色んな意味で視聴者に実感させてくれます。

神様っているんだね…

舞-HiME キャラクターソング VOL.2「水辺の花」

舞-HiME キャラクターソング VOL.2「水辺の花」

 

 あと、個人的に千葉紗子が大好きなので

ヒロインのなつきちゃんが可愛くて可愛くて仕方がない。
相棒の犬型召喚獣「デュラン」と一緒に戦うのですが、
「デュラン!てえーーーーーー!」のトドメの掛け声?が毎回可愛くて

聴くたびにワクワクしてしまいます。
神アニメ必須構成要素の一つである

「パンツ盗まれてノーパンになる回」もあるので

もう間違いなく神アニメですね、はい。


トップチカラアバレワンチャン!を5回くらい繰り返して勝つみたいな事を体現したようなぶっぱアニメですが俺は大好きです。


神無月の巫女

神無月の巫女DVD-BOX

神無月の巫女DVD-BOX

 

 主人公の姫子ちゃんが同級生のちかねちゃんとソウマ君のどっちを選ぶかを真剣に悩みつつ、

世界の命運を賭けた戦いをしていく巫女アニメ。
俺は基本的には脳死百合厨なので最初はちかねちゃんを応援していたのですが、
姫子ちゃんを想うソウマ君も本当に格好良く、
レズルートに行くべきか、

ノンケルートに行くべきなのか、

主人公の姫子ちゃんと一緒に真剣に考えてしまいます。
恋愛要素あり、百合要素あり、巫女要素あり、ロボット要素もありと色々と美味しい。
衝撃のラストは必見。

 

NHKにようこそ


引きこもりの佐藤君がオタク仲間の山崎と謎の美少女岬ちゃんの二人の力を借りて社会復帰を目指していくアニメ。
オタク仲間の山崎が本当に本当に良い奴で、

途中までは山崎がいれば岬ちゃんいらねーんじゃないかと思えるほど。
基本的に山崎と岬ちゃんは佐藤君を巡って嫁と姑かのごとく対立するのですが、

二人が徐々に仲良くなっていく様子も楽しい。
まぁブラックな面も多少あるアニメなので一応ダイナミックにネタバレしておくと、

精神的にキツイ超バッドエンドとかでは全然ないです。

 

そらのおとしもの

ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.51 そらのおとしものf (フォルテ) 『ニンフ』
 

 空から落ちてきた天使型アンドロイド(エンジェロイド)達と一緒にエロいことしたりエロいことしたりエロいことしたり、
たまにまぁシリアスに戦ったりエロいことしたりするアニメ。
敵の主人に虐待されているニンフちゃんが主人公の智樹に救われて笑顔を取り戻していく過程が良いです。
主人公の保志の熱演でエロギャグの全てが本当に面白い。(石田彰も少し出るよ!)
神アニメ必須構成要素の一つの

パンツ盗まれてノーパンになる回どころか

パンツ爆発する回とか

パンツが空飛んで流星群になる回とかあるので
もう間違いなく神アニメですね、はい。

 

アニメだけでは完結しないので話を全部知りたいなら原作を読まないといけないのですが
アニメと原作は大分相違点があるので注意が必要。


ぱにぽにだっしゅ

ぱにぽにだっしゅ! DVD-BOX

ぱにぽにだっしゅ! DVD-BOX

 

 シャフトパワー全開作品の中でも初期の頃の作品?
パロネタを大量にぶっこみつつも普通にコメディとして楽しかったり、

良い話も多かったりとシャフトのノリ自体は好きでなくても楽しい作品。
野中藍演じる一条さんがアバレキャラでクールな顔しつつ大体のトラブルの原因だったり

困ったときは超パワーで何とかしてくれたり見てて本当に楽しい。
一条さんが恋する話はとっても綺麗で好き。


苺ましまろ

苺ましまろ キャラクターソングアルバム
 

 女子小学生4人とロリコンの女子大生のロリコン萌えコメディ。
と思っていたのですが実際は美羽ちゃんがクレヨンしんちゃんばりにトラブルメーカーで暴走娘なので
皆がそれに引っ張られるドタバタギャグコメディという感じ。

イタズラしたのをゲンコツで殴ってタンコブ出来るのが似合うような作品です。


僕はロリコンではないのでそういう面ではあまりテンションは上がらなかったのですが
ギャグが楽しいのと千佳ちゃん(cv千葉紗子)の突っ込みが可愛かったので楽しめました。

 

灰羽連盟

 不思議な世界で羽根の生えた天使として生まれ変わった子供たちのお話。
序盤は不思議ながらもゆったりとした平和な日常なのですが
仲間の旅立ちをきっかけにそれぞれの心の闇が浮かび上がっていきます。

ほのぼのマッタリアニメとしてもシリアスアニメとしても凄い。(こなみかん)


ローゼンメイデン

 アニメ版1期。
引きこもりの主人公ジュン君が不思議な人形たちと出会い、

ドール同士の戦いを通して心の闇を解消していく話。
ジュン君の成長の過程が素晴らしく、最終的には精神的にだけでなくバトル的にも強くなり、謎パワーで敵をぶっ飛ばしていく姿が爽快です。
ドールたちのバトルロイヤルというわりに

敵は銀様ただ一人しか出ないのが少し残念なのですが
銀様の執念は凄まじかったので最初で最後の敵でも納得かなと思います。

 

 

 


あんまり合わなかったシリーズ


サイコパス

 もしかして見る人の犯罪係数によって見え方が違うのかと思われる作品。
ドミネーターで射殺間違いなしレベルの俺にはマキシマさんも朱ちゃんも狡噛さんも特に共感出来ないのでまぁ始終どうでもいい感じでした。
猟奇殺人みたいなのも特にインパクトはないです。

 

電脳コイル

電脳コイル Blu-ray Disc Box

電脳コイル Blu-ray Disc Box

 

 電脳空間や電脳生物が当たり前になった近未来での子供たちの冒険を描くアニメ。
序盤の色々な子供たちがそれぞれ電脳アイテムを駆使して喧嘩や冒険する様子はとても楽しくて大好きなのですが、
中盤になるにつれてどんどんヤサコ、イサコ、ハラケンの3人のみにスポットライトが当たるようになっていき、

終盤では他のメンバーはほぼ出番なしとなっていくのがとても残念でした。
序盤はある程度現実的な要素を強めに進むのですが

中盤からはオカルトやホラーの要素がかなり強まり、

電脳幽霊みたいな存在が普通に闊歩するようになるのもいまいちしっくりこず。
ラストは感動的なので名作と呼ぶ人がいるのも分かるのですが、
俺は序盤の雰囲気のままずっといって欲しかったなぁというもやもやがある作品です。


放課後のプレアデス

放課後のプレアデス 設定資料集

放課後のプレアデス 設定資料集

 

 魔法少女たちが星の欠片を求めて地球を飛び越え、

月や土星、果ては銀河系の彼方まで飛んでいくアニメ。
普通に男キャラがいて主人公との恋愛模様があるのですが、
その割には魔法少女たちのキマシ要素も出したがってるように見えたりで
なんだかどっちつかずな感じがあまり好きになれず。
別にみなと君はかっこよかったので男がいることがダメというわけではないです。

 

舞乙HIME

舞-乙HiME COMPLETE [Blu-ray]

舞-乙HiME COMPLETE [Blu-ray]

 

 新たな世界観や主人公に加えて前作舞HIMEのキャラクターたちも設定を大きく変えて再登場させた作品。
前作ファンならワクワクするサービス要素も一杯あるのですが
前作の現代設定から一気に中世ファンタジーのようになり、
前作の魅力であった大切な人の命を賭けた殺し合いのシステムも完全に廃止されてしまい、普通のバトル物へ。
前作では最強に可愛かったなつきちゃんも、

今作ではミニスカを廃止され何故か一人だけ謎ズボンに。。。
前作でノーパンにされたからって

こりゃあんまりでさぁ。
しかも前作から少し成長しました設定をなつきちゃんだけやたら如実に影響を受けており、

他の子はあまり見た目が変わらないのに一人だけなんかやたらとババあ(ry

成長は悪いことではないですがちと悲しい。
あとなつきちゃんとは切っても切れない忠犬デュランが今作では登場しないという悲しさ。
先に一人だけ召喚獣を使ったみどりちゃんに対して次回予告で

「あいつだけずるいぞ!私にもデュランを呼ばせろ!」

と怒るのですが、「まったくだよ。」と心底同意しました。
こういうちょいちょいある前作ネタはかなり面白いのですが、
まぁ舞乙HIME自体が好きなわけではなくて、

あくまで前作が好きなだけなので何とも。

 

メインストーリーとは関係ないのですがサブキャラの新谷良子メイドさんがかなり可愛く、
熱演の感動名場面もあるのでそこだけは大好きです。
新谷良子ってすげぇと本気で思いました。

 

・京四朗と永遠の空

 神無月の巫女のパラレル設定の続編というか関連作品?
前作の姫子ちゃんちかねちゃんも設定を変えて主要人物として登場するのですが
何故かこの二人の仲に割って入るババアも登場し

二人が延々とイチャイチャしてるだけでいいのにあんまりイチャイチャ出来ないのが残念。
本作主人公の空ちゃんも見た目はかなり可愛いのですが

かなり頭のねじが飛んでると感じる場面が多く
京四朗も自分のことで必死すぎてあんまり共感出来ないので本作組は割とどうでもいい感じです。


ローゼンメイデントロイメント

 ローゼンメイデン2期となるのですが、1期が主人公のジュン君と真紅の2人3脚だったのに対し

2期は真紅単体が主人公として単独で戦っているイメージが強くていまいち。
主人公の真紅を含め闘いを望まないドールが多いのですが

それが戦いに巻き込まれていく流れもいまいちしっくりこず。
よく分からないうちに戦いの流れになってよく分からないうちに戦いが終わった印象でした。
銀様が復活してメグとイチャイチャするのは見ていて楽しかったです。

 ついでにあんにゅーいラジオも楽しかったです。

 


ギルティクラウン

 面白ギャグアニメかと期待したのですがヴァルヴレイヴほどギャグにキレがなく残念。
序盤は割と丁寧に作ってた感じで主人公が好きでした。

 

 


俺が何か解説するまでもない名作ロボットアニメシリーズ

 

・1stガンダム

序盤はジオン軍が本当に強くてグフが量産された辺りはガンダムも半壊していき
アムロ自身も精神的にズタボロになっていく様子が凄い。
無表情でサンドイッチをパクパクするアムロ

ほんとに名シーン。
後半はニュータイプ覚醒して無双始まるので

ゲームとかでよく見る展開っぽくなります。


ジャイアントロボ 地球が静止する日

 スパロボαで見るだけだとダイナミック打ち切りアニメなのかと思いきや
メインテーマ部分は普通に綺麗に完結していてかなり驚きました。
主人公の大作君が周りの大人に支えられて成長していく過程が素敵。

OVA作画全盛期時代のアニメなので作画を普段一切気にしない俺でも絶句する、凄まじいシーンが多い。
何となくエヴァに継承されてるなと感じるポイントがちらほらあるのも楽しい。

 

パトレイバーシリーズ

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

 

作品内で脚本家がそれぞれ別ジャンルっぽい視点から描いていくというシステムのアニメ。(このシステムに正式名称があるのかが気になる)
俺が横手美智子大好きなので横手美智子の全力全開が見れて楽しかったです。
トラブルメーカーの太田さんがお見合い相手に恋するのを

普段なんやかんや文句言ってる皆が協力して応援する話がほんとに綺麗で感動したんですが
これが横手美智子の脚本家としてのデビュー作品らしく、

このババア天才や…と改めて思いました。

 

トップをねらえ2

トップをねらえ2! Blu-ray Box

トップをねらえ2! Blu-ray Box

 

 スパロボにわか知識だとトップ1だけ名作でトップ2は灰汁が強くてそれほどでも、みたいな偏見があったんですが
見てみたら凄すぎて目玉飛び出ました。
これ言うと若造感丸出しでボコボコにされるやつなのですが
ぶっちゃけ1見た時より断然凄いと俺は思いました。
次第に明らかになっていく主人公や敵の正体、理解不能の次元の作画、
星一個が小さく見えるレベルの宇宙戦闘、伝説のラストシーンなどなど
メインの部分も最高ですが、

ついでに主人公のノノちゃんがあざとい感じに可愛いのも美味しかったです。

 

 

 

 

とりあえず今回はこんな感じで。

10年ぶりくらいにブログ書いたのでなんか変でも許して下さい。

 最近物忘れの加速が激しいので

これからも定期的にまとめて記事にしていけたらな~と思います。